車の『ガラスコーティング』しない方がいい!無駄に終わる可能性大。

結論をいうと、

車庫がない人
面倒くさがりな人

これに該当する人は、ガラスコーティングは、しないほうがいいです。

では、その理由について見ていきましょう。

ガラスコーティングとは?

 

ガラスコーティングの成分

主成分は、ケイ素(Si)です。

ちなみに、ガラスの主成分もケイ素です。

 

ガラスコーティングの仕組み

コーティング液を塗ると、液体が空気と接触。

主成分であるケイ素が酸素と結合し始め、硬化して「二酸化ケイ素」を形成

ボディの塗装面に化学反応で密着し、ガラスの皮膜を形成

 

ガラスコーティングの料金

  持続性 料金
新 車 3~5年 7~10万
使用車 3~5年 10~15万

 

ガラスコーティングの実際・・・

 

雨シミが、とにかくハンパない!

ガラスコーティングをしてから一ヶ月は、雨シミ(イオンデポジット)が尋常でないほど発生します。

ガラスコーティングの特性上、皮膜が硬化するまでに、表面硬化が約24時間、完全硬化に20~30日間の期間を要します。

この硬化中の期間というのは、コーティング剤が化学変化の途中なので、水分が付着し乾燥してしまうと雨シミになります。

これをとるには毛研磨剤入りの傷とりで除去するしかありません。シャンプーで消すことは不可能です。

■ 施工後に渡される物

・メンテナンスシャンプー
・撥水用シャンプー
・研磨剤入りの水垢、傷とり

 

水洗車してる人なんていません(笑)

水だけでも汚れは落とせますが、カーシャンプー(界面活性剤)の力を借りたほうが、いとも簡単に汚れは落とせます。そもそも水洗車だけでは、スポンジの際に油汚れは広がるし、洗車傷のリスクも増すため、車のボディにとって決して優しい行為ではありません。

「洗車は水だけでOK!!」というのはあくまでも営業的な戦略フレーズです。

 

ガラスコーティングしても車は普通に汚れます。

コーティングは塗装の上から被膜をつくり塗装を守っている状態です。汚れは、つかないのではなく、付きにくくなるだけなので、結局はこまめな洗車が必要となります。

洗車の仕方によって、数ヵ月後、数年後の車の状態にかなり差が出てくるようです。

 

メンテナンスが必要で、半年~1年おきに費用が発生します。

コーティングをかけたら、はい終わり!というわけにはいかず、半年~1年おきのメンテナンスが必須になります。費用は1万~5万(汚れ度合による)

 

業者が言わない、ガラスコーティングの危険性について

 

「もうこの際、自分でコーティングすればいいんじゃね?」

 

親水性・撥水性・疎水性コーティングの実際は?

 

市販で売られてるコーティング剤には、親水性・撥水性・疎水性のものがあります。

結論をいえば、シミの形状が異なるだけで、どれも必ずシミができますし、なんならシミができやすくなります。その分、メンテナンスが面倒なことになります。

何より、ふき上げの回数が増えることで、傷の量が異常に増えます。

結局のところ、コーティングしない方が、シミも傷もつかないので愛車をキレイな状態に保てます

参考動画

 

【結論】ふつうに洗車が一番じゃ!

 

シュアラスター 洗車シャンプー1000ml

使いやすく総合力に優れるカーシャンプーをお望みの方には、文句なしでシュアラスターがおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です